EXCLUSIVE WALLCOVERING LIFE 専門誌「E-life」AGI

E‐life」は 壁紙に関する情報とアドバイスの記事、和紙壁紙中心に自然素材壁紙・輸入壁紙・OMEXCOブランドなど壁紙のことをご紹介しています。

和紙壁紙のメリット・デメリット 壁紙は紙なの?

 

f:id:akigamishop:20190122214337j:plain

近年では壁紙ブームの中で様々な種類の壁紙をみることが多いかと思われます。

建築現場で建材として使用されているビニルクロス。

コーディネーター、デザイナー、DIYなどで使用されている輸入壁紙。

自然住宅、設計士などで使用されている和紙壁紙や自然素材壁紙、織物壁紙。

店舗・商業施設などで使用されているデジタル、インクジェットプリントクロス

などなど

壁紙はどこでも身近に貼られております。

 

その中でも、AGIが皆さまにお届けしています和紙壁紙のメリット・デメリットをご紹介します。

 

■ その前に壁紙って紙なの?

ということを思いますよね。

 

壁紙は紙です。

ビニルクロスや一般的なメーカーから販売されているクロスは表面がビニルや、織物、和紙、自然素材でその裏が紙質になっているのです。

裏紙や裏打ち紙という言葉を聞くかと思います。

簡単に言うと表面材の裏地が紙になっているです。

裏打ち材には普通紙、難燃紙、無機質紙、織布などが使われています。

でも紙って原料はなになんでしょうかね。

最近よく聞く不織布、フリースも紙と言えば紙なんですが、素材はポリエステル

ビニルクロスの紙は原紙にに難燃処理を施した原紙。

紙って色んな感じで不思議ですね

 

 

f:id:akigamishop:20190122215126j:plain

和紙壁紙ですが、AGIの明紙 WALLPAPERの自然素材を用いた壁紙は

Tosa Washi Wallpaper、月桃紙 Wallpaperがあります。

Tosa Washi Wallpaperは自然素材を用いて機械で漉いた和紙です。

機械漉きなのでクロスのようにロール反でつくっているので通常のクロスのように壁に貼れるのです。

月桃紙 Wallpaperは沖縄県月桃を用いてつくった壁紙です。裏打ちがありますので、一般メーカーにある和紙壁紙や自然素材壁紙などと同じと思っていただければよいかと思います。

施工はTosa Washi Wallpaperの方は通常の手漉き和紙のようにミミを重ねて貼ります。

月桃紙 Wallpaperは重ね裁ち、撥水加工ではない壁紙だと重ねて貼ることができます。

 

 

f:id:akigamishop:20190122215459j:plain

■ 和紙壁紙のメリット・デメリット

ではTosa Washi Wallpaperの和紙壁紙でメリット・デメリットをご紹介いたします。

和紙壁紙のメリットは

1.やっぱり調湿効果に優れていることでしょう。漉いた紙なので通気性はもちろんのこと、湿気を吸ったり吐いたりします。

2.基本的に和紙は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)、などの自然素材のみを原料にしていますので、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを放出しません。有害物質を低減し、室内の空気がきれいということですね。

3.室内に差し込んだ日の光や照明の明かりなどを、柔らかに室内を包み込みます。

これは、和紙の表面は無作為に並んだ繊維が光を乱反射させますので、目に優しくて目が疲れにくいのです。

4.和紙は腐れば肥料になり燃やしても有害物質の出ないので、地球に優しい自然素材なのです。

5.風合いが優しいこと。温もりがあり、触っても優しい感触で落ち着きのある空間で過ごすことができます。

6.施工面では、つなぎ目を重ねて貼るので経年のつなぎ目の空きやめくれがないこと。

また、次に貼り替える時は剥がさなくて重ねて貼れることです。

幅は1mで縦横どちらでも貼れます。壁の出隅で切ってもビニルクロスのように、めくれかえることもないです。クーラー周りのつなぎ目も重ねることで簡単に貼れます。

手漉き和紙のように、袋貼りもすることもなく、通常のビニルクロスなどのように施工ができます。

 

f:id:akigamishop:20190122215645j:plain

■ 和紙壁紙のデメリットは

1.デメリットと言うのはビニルクロスの反対・メリット部分でしょう。

それで終わり?

水に弱いという欠点があります。

紙製品ですので、水分汚れは通常の紙と同じように染みこみます。撥水処理はしていますが、ビニルのようにはいきませんので、水や油の汚れはシミになりやすい。またゴシゴシこすって掃除すると紙の繊維がとれてしまいます。

 

2.下地の影響が表に出てくること。これは経年のものと、急きょ起こったものに分かれますが。雨漏りなどした場合、表面に染みがでてきます。ビニルの場合は中々分かりませんが。和紙は表面に現れます。それは知らせると言う意味ではメリットでもあるのですが。

パテの部分の色やムラなども経年により現れます。これは織物クロスでもあると思いますが、湿気などでパテ部分によく現れます。

 

3.施工の際には糊が付いたりするとビニルのように拭き取るのが難しいため、施工は丁寧に、またの工期も十分にとって施工することです。調湿性があると言うことは、ビニルクロスのように貼る時の糊つけを何枚も塗っておくとひっついてしまいます。

 

4.下地処理をしっかりしないといけません。パテはもちろんシーラー処理も必要で、しっかりと乾燥してから貼ることが大切です。

 

5.経年の色変化がある。これは紙製品に限ってではないですが紙の場合はその変化が味わい深くなっていくのですが、劣化や汚れと思われると難しいものでしょう。

 

いかがでしたか?

 

メリットとデメリットって人の視点が変わればどちらにも変わりますが、水周りに使う場合には水がかかるところは見切りパネルや、他の建材を使ったりするといいでしょう。

施工面も昔のように日にちに余裕を持たせ丁寧に行えばよいでしょう。

ビニルクロスのようにササッと貼ったり、汚れたらササッと拭いたりと効率がよい場には少し合わないかと思います。

 

今では様々な種類の壁紙がありますが、古くから愛用されてきた、和紙の壁紙を貼って

心地よい空間で過ごしてみてはいかがでしょう。