EXCLUSIVE WALLCOVERING LIFE 専門誌「E-life」AGI

E‐life」は 壁紙に関する情報とアドバイスの記事、和紙壁紙中心に自然素材壁紙・輸入壁紙・OMEXCOブランドなど壁紙のことをご紹介しています。

呼吸する自然素材【明紙WALLPAPER・和紙壁紙】塩化ビニルクロスは経年劣化するとボロボロになってくる。

f:id:akigamishop:20190323115932j:plain

壁紙はビニルクロスというお家も多いかと思われます。
お手入れが簡単と言われているビニルクロスですが、近年では和紙壁紙を貼った空間が、その自然な雰囲気などから女性を中心に人気を集めています。さまざまな機能をもち、環境にも身体にも優しい壁紙で心地よい住まいを手に入れてみませんか。

 

 ■ 呼吸する壁紙で健康的に

木の柱やカーペットのウール、紙の壁紙など、住まいに使われている自然素材は呼吸をしているのをご存じですか。

呼吸といっても酸素を吸って二酸化炭素を出しているわけではありませんが。自然素材の和紙壁紙は、お部屋にこもるにおいを軽減して空気をきれいにしたり、室内の湿度に応じて吸湿、放湿をしてくれるなど、快適に暮らすための機能がいっぱいあるのです。

通気性による透湿作用と吸放湿性による調湿作用によって、室内に多くの湿気の通り道がある状態を作ることが出来ます。

「通気性」とは、水蒸気が壁紙を通過して室内側と下地側とを行き来する性能です。一言で言うと、「湿気の通り道」です。

「吸放湿性」とは、壁紙自体で湿気を呼吸する性能です。自然素材の持つ多孔質成分により空気中の湿気を吸収したり、放出して調湿します。

 

特に梅雨時の湿気はカビの原因にもなり、健康にも影響があるのではないかと心配ですよね。湿度調節機能を持たない,床、内壁と天井、冬には、結露が発生し、カビやダニの原因となっています。

AGIがおすすめしています明紙WALLPAPERの和紙壁紙【Tosa Washi Wallpaper

f:id:akigamishop:20190323115826j:plain

手漉き和紙の伝統技術をいかした機械漉きで漉きあげた和紙ですので、一般和紙クロスのような裏打ち紙がない和紙壁紙になります。ジョイント(つなぎ目)も重ねて貼るため目隙もなく、貼り替え時には和紙壁紙を剥がさず重ねて貼れます。原料が自然素材を使用、また手漉きと同じ工程を経ているため「一点物」になります。

 Tosa Washi Wallpaper 和紙壁紙は紙の風合い優しく、部屋全体をクラスアップさせ
通気性、吸放湿性が高い。

 

見た目は和紙や土壁の雰囲気を再現したビニルクロスもたくさんありますが、ビニルクロスにはこのような自然の機能がありません。

 

■ ビニルクロス自体の主な素材はポリ塩化ビニル樹脂です。


ビニルクロスに含まれる塩化ビニルモノマーは、発がん性が指摘されている分子です。
また、燃えるとダイオキシンなどを発生させるため、環境負荷が大きいのも問題になっています。

さらには、塩化ビニルは硬質な素材なので、それを柔らかくするために「可塑剤」が大量に使用されます。可塑剤には環境ホルモンが含まれ、発がん性があります。

ビニルクロスは通気性がないので、どうしてもカビやすくなります。そのため「防カビ剤」での処理が必要になります。また、塩化ビニルが光や熱で分解するのを防ぐため、「安定剤」なども添加されます。

 

■ 合皮製品や塩化ビニル製品は、経年劣化すると、ボロボロになってきたり、もろくなってきます。

これは、製品に含まれている「可塑剤」が、揮発してしまうからです。まり、ビニル壁紙の場合は、室内の空気を汚染しているのです。そして、私たちの、肺を通じて体内に取り込まれていくのです。

 

 

 

和紙壁紙で創るインテリアのお部屋

f:id:akigamishop:20190323115932j:plain

近年、少子高齢化も進み、健康志向を求める方が増えています。

新築・リフォーム・賃貸の貼り替えでご愛用いただいています、自然素材・和紙壁紙。

健康なお部屋で住むほどに味がでる、そんな自然素材の和紙壁紙を使ってみませんか。

 

壁に使う自然素材は、珪藻土やしっくいなどの左官壁だけではありません。

【和紙】は自然素材で、体にも環境にもやさしく、日本で昔から親しまれてきた紙製品。

 

和紙は、身体にも環境にもやさしい自然素材で温もりのあるお部屋を求める方や、最近では賃貸のお部屋にもご使用されています。

 

 

f:id:akigamishop:20190323115826j:plain

■ 日本古来より伝承される和紙は、自然素材である楮(コウゾ)・三椏(ミツマタ)・ケナフ等の自然植物を原材料としていますので身体に害がなく燃やしても環境を損なうことがなく健康住宅・自然素材住宅を創ります。


 ◆楮(コウゾ)   クワ科の植物で、繊維が長くて太いので丈夫な紙ができます。


 ◆三椏(ミツマタ) ジンチョウゲ科の植物で、楮(コウゾ)に比べ繊維が短く強さも少し劣りますが、滑らかで光沢のある紙ができます。土佐和紙の三椏は1万円札にも使われているのです。


 ◆ケナフ      アオイ科の植物で、成長が早く二酸化炭素を大量に吸収し、環境改善作物として注目されています。

 

 

 手漉き和紙の伝統技術をいかした機械漉きで漉きあげた和紙壁紙ですので、一般クロスのように壁に貼っていただけます。

原料が天然繊維を使用、また手漉きと同じ工程を経ているため全て「一点物」です。

サンプルなどはあくまでも見本で実際とは異なる場合があります。

 

 

f:id:akigamishop:20190323120603j:plain

ー環境にやさしいー
ケナフ、木材パルプ、楮、三椏、がんぴ、等の自然素材で作られており、主原料が植物のため廃棄しても土に還るので、環境にもやさしい製品です。

 

ー人にやさしいー
ビニールクロスとは違い、和紙は自然素材ならではの原料の繊維の間に隙間があるため、通気性に優れ、調湿作用(吸湿 ・放湿性)がありますので、日本の気候風土に適した素材であります。

 

ーインテリア空間の演出ー
最近は国産クロスだけでなく輸入壁紙も取り入れられ、多くの色、風合いの異なる種類が発売されています。 

インテリアのコーディネートなどで、アクセントに使用される輸入壁紙の質感はビニルクロスでは合いにくく、安っぽくなりがちと言われますが、和紙壁紙の素材自体が持つ紙の風合いは、質感の相性がよくオススメです。

和紙は、ビニルクロスにはない自然素材ならではの質感、繊細な色合いや素材感があり、空間の演出に一役担ってくれます。

 

また、竹・麻・ケナフ・雁皮(がんぴ)入りや、白色といっても風合いが異なり、自然素材・天然素材ならではの温もりや、癒し感が味わえます。

 

 

 f:id:akigamishop:20190323120318j:plain

ビニールクロスでは、つなぎ目をつきあわせて貼る為、経年変化の下、継ぎ目の空き・めくれてくる事もありますが、和紙は自然素材ゆえに縮むのでつなぎ目を重ねて貼るため、継ぎ目の空きなどはなく、重なりの幅で段差が和紙らしい「いい味」になります。

 

 

 

f:id:akigamishop:20190323120233j:plain
賃貸などでは貼り替え頻度が多いかと思います、通常ビニルクロスを貼り替える場合、一度すべてを剥がしてしまわないといけません。

貼り替えることで下地の劣化が起きたり、剥がしたゴミ処理の問題もあります。

和紙の場合はそのまま重ね貼りができますので、下地を痛ませることもなくゴミも軽減できます。(和紙を1度貼った場合)

作業の工程が短縮されます。

 

 

和紙壁紙のメリット・デメリット 壁紙は紙なの?

 

f:id:akigamishop:20190122214337j:plain

近年では壁紙ブームの中で様々な種類の壁紙をみることが多いかと思われます。

建築現場で建材として使用されているビニルクロス。

コーディネーター、デザイナー、DIYなどで使用されている輸入壁紙。

自然住宅、設計士などで使用されている和紙壁紙や自然素材壁紙、織物壁紙。

店舗・商業施設などで使用されているデジタル、インクジェットプリントクロス

などなど

壁紙はどこでも身近に貼られております。

 

その中でも、AGIが皆さまにお届けしています和紙壁紙のメリット・デメリットをご紹介します。

 

■ その前に壁紙って紙なの?

ということを思いますよね。

 

壁紙は紙です。

ビニルクロスや一般的なメーカーから販売されているクロスは表面がビニルや、織物、和紙、自然素材でその裏が紙質になっているのです。

裏紙や裏打ち紙という言葉を聞くかと思います。

簡単に言うと表面材の裏地が紙になっているです。

裏打ち材には普通紙、難燃紙、無機質紙、織布などが使われています。

でも紙って原料はなになんでしょうかね。

最近よく聞く不織布、フリースも紙と言えば紙なんですが、素材はポリエステル

ビニルクロスの紙は原紙にに難燃処理を施した原紙。

紙って色んな感じで不思議ですね

 

 

f:id:akigamishop:20190122215126j:plain

和紙壁紙ですが、AGIの明紙 WALLPAPERの自然素材を用いた壁紙は

Tosa Washi Wallpaper、月桃紙 Wallpaperがあります。

Tosa Washi Wallpaperは自然素材を用いて機械で漉いた和紙です。

機械漉きなのでクロスのようにロール反でつくっているので通常のクロスのように壁に貼れるのです。

月桃紙 Wallpaperは沖縄県月桃を用いてつくった壁紙です。裏打ちがありますので、一般メーカーにある和紙壁紙や自然素材壁紙などと同じと思っていただければよいかと思います。

施工はTosa Washi Wallpaperの方は通常の手漉き和紙のようにミミを重ねて貼ります。

月桃紙 Wallpaperは重ね裁ち、撥水加工ではない壁紙だと重ねて貼ることができます。

 

 

f:id:akigamishop:20190122215459j:plain

■ 和紙壁紙のメリット・デメリット

ではTosa Washi Wallpaperの和紙壁紙でメリット・デメリットをご紹介いたします。

和紙壁紙のメリットは

1.やっぱり調湿効果に優れていることでしょう。漉いた紙なので通気性はもちろんのこと、湿気を吸ったり吐いたりします。

2.基本的に和紙は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)、などの自然素材のみを原料にしていますので、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを放出しません。有害物質を低減し、室内の空気がきれいということですね。

3.室内に差し込んだ日の光や照明の明かりなどを、柔らかに室内を包み込みます。

これは、和紙の表面は無作為に並んだ繊維が光を乱反射させますので、目に優しくて目が疲れにくいのです。

4.和紙は腐れば肥料になり燃やしても有害物質の出ないので、地球に優しい自然素材なのです。

5.風合いが優しいこと。温もりがあり、触っても優しい感触で落ち着きのある空間で過ごすことができます。

6.施工面では、つなぎ目を重ねて貼るので経年のつなぎ目の空きやめくれがないこと。

また、次に貼り替える時は剥がさなくて重ねて貼れることです。

幅は1mで縦横どちらでも貼れます。壁の出隅で切ってもビニルクロスのように、めくれかえることもないです。クーラー周りのつなぎ目も重ねることで簡単に貼れます。

手漉き和紙のように、袋貼りもすることもなく、通常のビニルクロスなどのように施工ができます。

 

f:id:akigamishop:20190122215645j:plain

■ 和紙壁紙のデメリットは

1.デメリットと言うのはビニルクロスの反対・メリット部分でしょう。

それで終わり?

水に弱いという欠点があります。

紙製品ですので、水分汚れは通常の紙と同じように染みこみます。撥水処理はしていますが、ビニルのようにはいきませんので、水や油の汚れはシミになりやすい。またゴシゴシこすって掃除すると紙の繊維がとれてしまいます。

 

2.下地の影響が表に出てくること。これは経年のものと、急きょ起こったものに分かれますが。雨漏りなどした場合、表面に染みがでてきます。ビニルの場合は中々分かりませんが。和紙は表面に現れます。それは知らせると言う意味ではメリットでもあるのですが。

パテの部分の色やムラなども経年により現れます。これは織物クロスでもあると思いますが、湿気などでパテ部分によく現れます。

 

3.施工の際には糊が付いたりするとビニルのように拭き取るのが難しいため、施工は丁寧に、またの工期も十分にとって施工することです。調湿性があると言うことは、ビニルクロスのように貼る時の糊つけを何枚も塗っておくとひっついてしまいます。

 

4.下地処理をしっかりしないといけません。パテはもちろんシーラー処理も必要で、しっかりと乾燥してから貼ることが大切です。

 

5.経年の色変化がある。これは紙製品に限ってではないですが紙の場合はその変化が味わい深くなっていくのですが、劣化や汚れと思われると難しいものでしょう。

 

いかがでしたか?

 

メリットとデメリットって人の視点が変わればどちらにも変わりますが、水周りに使う場合には水がかかるところは見切りパネルや、他の建材を使ったりするといいでしょう。

施工面も昔のように日にちに余裕を持たせ丁寧に行えばよいでしょう。

ビニルクロスのようにササッと貼ったり、汚れたらササッと拭いたりと効率がよい場には少し合わないかと思います。

 

今では様々な種類の壁紙がありますが、古くから愛用されてきた、和紙の壁紙を貼って

心地よい空間で過ごしてみてはいかがでしょう。

 

OMEXCO WALLPAPERの魅力 AGI

f:id:akigamishop:20190112235239j:plain


近年では輸入壁紙を貼った空間が、そのオシャレな雰囲気などから女性を中心に人気を集めています。

輸入壁紙は柄や色彩が美しく素敵な空間創り、家具などのインテリアをいっそう引き立てます。

その中でも、AGIがオススメしています、ベルギーブランドOMEXCOの壁紙。

OMEXCO WALLPAERは、世界の一流ホテルや高級住宅など、ハイエンドな空間に愛用され続けているラグジュアリー壁紙製品です。

品質と環境に優しいOMEXCOの不織布壁紙は、柔らかいビロードのような質感を持ち、美しいCOLORやDESIGNは幅広いスタイルに順応し上品で落ち着きのある空間を生みだします。

OMEXCOの不織布壁紙の多くは水滴をはじくコーティング処理がされている為、

汚れにも強く、耐久性に優れています。また、通気性もあります。

 

こちらでは、OMEXCO WALLPAPERの魅力について詳しくご紹介いたします。

 

f:id:akigamishop:20190112225153j:plain

1.高級感&上品な空間に

OMEXCOは高度な印刷とエンボス加工技術のスペシャリスト。日々新しいデザイン、予想外の視覚効果、そして微妙な色彩を生み出しています。壁紙や貼った空間を見た時には上質感がすぐにわかり、お部屋にも貼ってみたい!となります。

どちらかというと、他の輸入壁紙のようにイラストや柄を売りとするブランドでは無い為、本物を見なければ見逃してしまいそうなブランドなのですが、高品質かつデザイン性にも優れ数あるブランドの中でも、特にお客様からの人気の高く、プロの方々の間でもとても評価の高い、人気ブランドです。

素材を生かすようなシンプルなデザイン、豪華な柄、スタイリッシュモダンなデザイなどテイストは様々ですが、どれをとってもOMEXCOには上品さが伴っています。

不織布の壁紙で、他の不織布とは少し違いがあり、ビロードのような柔らかな感触に、メタリックやパールのキラキラと輝く風合いが高級感&上品な空間へとつくりだします。

世界の高級ホテルや高級住宅、クルーズ船、高級ショップなどで愛用されています。

 

 2.汚れに強く、クラックも抑制

OMEXCOの壁紙は、船内でも使用されています。その壁紙の多くは、特別なコーティングで処理され汚れ防止のために役立ちます。よく拭き取れるので、水溶性の(コーラ、ホットティー、コーヒー)などの影響に耐えます。

不織布壁紙はクラックなどに強く、耐久性がありマイクロクラック(小さなヒビ)の出現を抑制します。不織布の壁面コーティングは撥水性と通気性があり、水廻りの場所でもご使用できます。

  

f:id:akigamishop:20190112232150j:plain

3.防火認定で安心

防火認定 不燃・準不燃を取得していますので防火の制限を受けるホテルや店舗などにも施工可能です。もちろん住宅にもご使用いただけます。

 防火材料とは
不燃、準不燃、難燃の性能区分に応じて国土交通大臣が定めた材料または認定された材料です。 その性能は建築基準法施行令の技術的基準で定められています。 建築材料に通常の火災による火熱が加えられた場合に以下の要点を満たしていることとする。

 

 

f:id:akigamishop:20190112225950j:plain

4.良好な施工性

紙ベースの壁紙とは異なり、不織布ベースの壁紙は、濡れても伸びたり縮んだりしないため、施工性がよく、壁紙を貼り替えるときは、上の層は簡単に取り除かれ、ベースは壁に残ります。接着剤を壁に塗って貼ることができますので、貼りつけ作業が簡単です。DIYでも簡単に貼ることができます。

 

f:id:akigamishop:20190112230318j:plain

5.品質と環境に優しい壁紙製品

ベルギーの自社工場で設計、製造されている壁紙の制作チームは、生産サイクルの全段階を通して非常に厳密な品質管理が行われています。

不織布100cm幅で製造され、環境にやさしいラベルを持ち、FCA認証を受けています。

壁装材はリサイクル繊維を使用して製造され、太陽エネルギーを使用して印刷されています。

 

 

f:id:akigamishop:20180831015826p:plain

 

AGI WEBショップでは自然素材の和紙壁紙・ハイエンドの輸入壁紙OMEXCO WALLPAPERの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「お部屋の雰囲気を変えたい!」「美しいインテリアを作りたい」など素敵な内装・心地よいお部屋作りの壁紙にお選びくださいませ。

 

 

和紙壁紙の魅力 AGIと自然素材と和紙壁紙

f:id:akigamishop:20190106154754j:plain

 近年では和紙壁紙を貼った空間が、その自然な雰囲気などから女性を中心に人気を集めています。

和紙は楮や三椏、雁皮といった自然の植物を原料に作られた紙製品です。

和紙は長年人々に愛用され、優れた多機能性と自然な風合い

自然素材ならではの湿かみと、「夏は涼しく、冬は暖かい」ので快適に過ごして頂けます。

自然素材の和紙壁紙は、湿気を吸収&放出するなど調湿機能があります。

また、本来紙の持つ性質として保温効果もあり、紙の繊維が光を乱反射するため、日光や照明の明かりがとても柔らかく感じさせます。

 

こちらでは、和紙壁紙の魅力について詳しくご紹介いたします。

 

1.夏には除湿、冬には加湿
紙は木材のように呼吸していますので、お部屋の湿度を調節してくれます。

和紙は隙間が大きく、繊維に空気を含む為、室内の湿度の高い場合は吸湿し、湿度が低いと空気中に水分を放出して室内の湿度を一定に保つ働きがあります。

調湿作用により、夏涼しく、冬は暖かく過ごせます。

紙が持つ性質として保温効果があり、和紙の場合は洋紙より繊維の隙間が大きい為、保温効果も抜群です。

 

2.有害物質を低減し、空気がきれい
基本的に和紙は、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)、などの自然素材のみを原料にしていますので、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを放出しません。

また、花粉の様な微小な物質やアンモニアなどを吸着する性質もありますので、お子様がいるご家庭でも安心してご使用頂けます。

 

 3.豊かな表情で自然の温もり
和紙は繊維が絡み合ってできますので、紙表面の表情が豊かで手触りは優しく温もりを感じさせます。

和紙壁紙は機械漉きですが、使用する材料により素材の表情が豊かで風合いを楽しむことができます。

また、和紙壁紙は呼吸しているため自然に室内の湿度や埃を吸収する性質があり時間の経過とともに風合いがよくなっていきます。

 

 4.目に優しく、柔らかな空間
和紙の表面は無作為に並んだ繊維が光を乱反射させますので、室内に差し込んだ日の光や、夜の照明の明かりも、壁や天井に貼られた和紙に当たり、柔らかに室内を包み込んでくれます。心地よい明かりで、目に優しくて、長時間の勉強や作業でも目が疲れにくいです。

 

 5.音を吸収してリラックス空間
光と同様、音も分散・乱反射しますので、耳障りが柔らかくなるだけでなく、部屋から洩れる音も軽減できます。

音響や音のひびきに対して、柔らかい空気を伝える効果が期待されていますので

ストレスによる心身の緊張をやわらげ、体の調子を整えたり、不眠などにも働きかけ、心を穏やかに保つリラックス効果をもたらします。

 

 6.地球に優しい自然素材
和紙は楮や三椏、雁皮といった自然の植物を原料としていますので身体に害が無く、

収穫までの年数も木材パルプに比べ短いので森林伐採などの自然破壊もありません。

和紙は腐れば肥料になり燃やしても有害物質の出ない現在に求められている最高の建材なのです。

また、和紙は紙ですので、一度貼った和紙壁紙は、貼りかえる時には、そのまま上から重ね貼りができ、リフォーム時のゴミの減量化にもつながります。

 

 

f:id:akigamishop:20190106182202g:plain

通気性による透湿作用
「通気性」とは、水蒸気が壁紙を通過して室内側と下地側とを行き来する性能です。一言で言うと、「湿気の通り道」です。

高い透湿性があると湿気が壁紙・石膏ボードを自由に行き来することが出来て、高い調湿作用を持った石膏ボードを活かすことが出来ます。

ジメジメした梅雨の時期や寒い冬の閉め切った室内で高い効果を発揮して、「呼吸する家」を作ることが出来ます。

 

吸放湿性による調湿作用
「吸放湿性」とは、壁紙自体で湿気を呼吸する性能です。自然素材の持つ多孔質成分により空気中の湿気を吸収したり、放出して調湿します。

ビニールクロスに比べて透湿性があり、室内に多くの湿気の通り道がある状態を作ることが出来ます。

 

■ 家の壁面、天井に調湿作用を期待するのなら、壁紙だけではなく、吸放湿量の大きい下地材と一緒に考える必要があります。

 壁面・天井で充分な調湿作用を持たせる為には、吸放湿性の優れた重量のある下地材を使用し、表面仕上げ材としては下地のその性能を阻害しない「通気性による透湿作用」も優れた壁紙を使用することがポイントになります。

● 壁面、天井で充分な調湿作用を持たせる為には、下地に厚めの高品質の石膏ボードを用いて和紙壁紙を施工することが最も効果的な方法です。

● 石膏ボードの高い調湿作用を活かして、家全体で空気の流れを良くし、家全体で呼吸する作りにしてください。

● 調湿作用があることによって、水汚れを吸い込んだり、下地に湿気が移行してカビの原因になったり、下地のボード部分と継ぎ目のパテ部分で変色しているように見えたりすることもあり、逆効果になってしまう場合もあります。

● 湿度の高い部屋では、カビが発生したり、湿っぽくなりやすいので、空調などを利用して室内そのものの湿気を調整することが、なによりも大切ですので、ご注意して下さい。

 

 

f:id:akigamishop:20180831015826p:plain

 AGI WEBショップでは自然素材の和紙壁紙・ハイエンドの輸入壁紙OMEXCO WALLPAPERの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「お部屋の雰囲気を変えたい!」「美しいインテリアを作りたい」など素敵な内装・心地よいお部屋作りの壁紙にお選びくださいませ。

壁紙の耐久性と張り替えの時期と理由・日々のメンテナンスは必要

最近では、ライフスタイルの変化に合わせて住空間のイメージを一新するために

“壁紙は張り替えるもの” 

という認識が徐々に浸透してきています。

f:id:akigamishop:20181006153328j:plainf:id:akigamishop:20181006153403j:plain

壁紙は、本来デザイン・色・柄・テクスチャ-などの意匠性を重視した化粧仕上材ですので、他の建材とは異なり、10年あるいは20年といった長期間にわたる維持は、一部の製品を除き、あまり期待はできません。

そして、ビニル壁紙からの張り替えの場合、下地の経年劣化などにより、最初に張った時より仕上がりが劣ります。

 ある程度の期間はメンテナンスを行ない、数年後に張り替える使われ方が、壁紙の特徴にあった利用方法になります。

 

暮らしの中で、十分なメンテナンスを施しても、いずれは壁紙の張り替えの時期がやってきます。

f:id:akigamishop:20181006170451j:plain

張り替えの理由は、大きく分けると次の3つが考えられると思います。

 1. 壁紙の経年劣化

2. 水漏れやカビなどの事故

3. 模様替えなどの感覚的な理由

 

■ 張り替えの劣化

壁紙の一般的な耐久性については、素材の多様性と利用者の使われ方の影響により、一概には言えません。10年~20年というレベルでの耐久性を、技術的に長持ちする製品もありますが、

それは壁紙の本来の役割とは言えず、壁紙は襖や畳のように、定期的に張り替えるものだと、解釈した方が実際的です。壁紙の美観性と耐久性は、壁紙が素材的に劣化するまでの、永い年月で考えることはできません。

この点については他の化粧仕上材も同じで、美しさをどのようにして長持ちさせるかが大きな課題となっています。そしてこの点になると、美しさに対する使用者(住人)の考え方あるいは我慢できる範囲により耐久性が大きく左右されます。

 

一般的に行われる張り替えの年数。

・ホテルのパブリックスペース  2~3年で張り替え

・ホテルの客室         3~4年で張り替え

・一般の住宅          2~10年で張り替え

・ヨーロッパなどの一般家庭   2~5年ごとに張り替え

 

ホテルについては説明はいらないと思いますが、多くの人の目に触れるとともに、その良し悪しでホテルのイメージが決まってしまいます。

一般の住宅は、感覚的な要因も入っていますが、キッチンまわり、子供部屋など、どうしても他の部屋より汚れやすいところがあるため、かなり幅の広い年数となっています。

 

 

■ 感覚的な要因

f:id:akigamishop:20181006171058j:plain

現在の壁紙はヨーロッパで発達してきました。ヨーロッパで広く普及した一番大きな理由は、手軽に施工でき、しかも手軽に模様替えができる、という点にありました。

国内においても、手軽に見ばえのよい仕上げができるという点で、普及し、次いで防火材料としての安全性が認められ、品質の向上もあって現在に至っていますが、

「模様替え」という意識については、まだ壁紙の利点としてまだまだ、広く認められてるわけではありません。

壁紙の張り替えによる模様替えは、単に色調や柄が変わるだけでなく、いわゆるテクスチャ-を変えることができるので、部屋の雰囲気を自由に演出することができます。

洋室を和室に、和室を洋室に、インテリアのスタイルに合わせてという、イメージの変化が、容易にできるのです。

しかし、こうした張り替えばかりでなく、実際には、汚れがひどくなったなどの理由にとる張り替えも多くあります。この汚れの程度の判断が、結局個人差に左右されるのです。

 

■ メンテナンスは必要

十分に注意して仕上げられた壁紙は、その仕上がりの美しさを保つためには、一定のメンテナンスが必要です。

メンテナンスの方法は、壁紙の素材の種類によって異なります。

現在、多種多様な素材の壁紙が市場に出回っていますので、見ただけでは判断しにくいものもありますので、素材を確認してからメンテナンスを行ってください。

 

 

 

f:id:akigamishop:20180831015826p:plain

 

AGI WEBショップでは自然素材の和紙壁紙・ハイエンドの輸入壁紙OMEXCO WALLPAPERの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「お部屋の雰囲気を変えたい!」「美しいインテリアを作りたい」など素敵な内装・心地よいお部屋作りの壁紙にお選びくださいませ。

和紙壁紙のリラックス効果

和紙壁紙を貼った空間で過ごしていると、何となく温もりを感じたり心地よく癒されるような感じがすると思われる方が多いかと思います。

 

f:id:akigamishop:20180831015754j:plain

その感覚は科学的に実証されている「1/fゆらぎ」にあるのだと思われます。

人間が自然を心地よく感じるのも、自然界のいたるところに含まれるゆらぎに由来して

いるようです。

そのゆらぎ具合を表すものが「f」という周波数。「1/√f」「1/f」「1/f²」「1/f³」などありますが、この中で最も人に心地よく感じられるのが「1/f」ゆらぎだそうです。

この「ゆらぎ」を感じると人はリラックスし心地よさを感じます。

 

■1/fゆらぎ」があるもの

和紙 (手漉き、機械漉き)水の流れる音・小鳥のさえずり・波の音・ろうそくの炎のゆれ・木目(自然のもの)音楽など

 

f:id:akigamishop:20180910223129j:plain f:id:akigamishop:20180910222814j:plain f:id:akigamishop:20180910223031j:plain

空間

ウールカーペット、和紙壁紙、木目のテーブル、観葉植物など取り入れた空間

ベージュやグリーン系の床や壁

コットンや麻、ウールなどのファブリック製品

 

 

■「1/fゆらぎ」がないもの
近代的なビル、精密な工業製品、量産品

 

f:id:akigamishop:20180910223929j:plain f:id:akigamishop:20180910224232j:plain 

空間

ビニル壁紙や人工フローリング、プリントの家具

直線や直角、規則的で単調なデザインの物。

外気に触れず機械で空気調和されている空間。

ビニルに覆われた無機質な空間

 

「乳牛に、『1/fゆらぎ』の音楽を聞かせると、乳の出が多くなる」とか「鶏に音楽を聞かせたら、産卵量が増えた」など、人間だけでなく、動物でも感じることができるそうです。

 

このように、何気なく感じている事に、実はちゃんとした理由があったりするんですね。

 

和紙壁紙はその独自の風合いだけでなく、植物繊維ならではの性質や機能性、繊維の絡み方による表面の凹凸から生みだされる表情があります。

AGI WEBショップの明紙 WALLPAPERの(Tosa Washi Wallpaper)は「癒しの空間作り」としてご注文頂く事があります。

和紙壁紙の空間で、1/f ゆらぎに感じ、心地よく快適で、私たちに安らぎや幸せを感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

 

f:id:akigamishop:20180831015826p:plain

 

 AGI WEBショップでは自然素材の和紙壁紙・ハイエンドの輸入壁紙OMEXCO WALLPAPERの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「お部屋の雰囲気を変えたい!」「美しいインテリアを作りたい」など素敵な内装・心地よいお部屋作りの壁紙にお選びくださいませ。